あいまい母音[ə]詳細

発音を学びたい全ての方へ送るMP3データによるダウンロード教材「小学5年生からの英語発音」を制作、販売中です。
音の出し方だけでなく、どのように練習して音を出せるように持っていくかまでを丁寧に解説しています。
DL marketにてご購入いただけます。

英語発音、文法などの個人レッスンを行っています。下の動画で発音レッスンの様子をご覧頂けます。

レッスンのお問い合わせは下記アドレスまで。
a_atchan@yahoo.co.jp

またYouTubeチャンネルでは動画で英語の発音などに関する話をご紹介しています。

曖昧母音[ə]の基本的な音の出し方は音声教材で解説していますのでまずはそちらで練習して下さい。ここではそれを前提とした上でさらに詳細な解説を進めていきます。もともとは販売中の発音教材「小学5年生からの英語発音」の無料特別講義という位置付けで作った解説であるため、動画を見ながらPDFによる解説を読み進めていくことを想定しています。
PDFファイルはここをクリックするとダウンロード(または表示、お使いの環境によります)されます。ここではPDFによる解説の内容の概略を書いておきます。

[ə]と[ʌ]は基本的に同じ音で、アクセントがかかる場合は[ʌ]、かからない場合は[ə]と表記されます。ですのでcupは[kʌp]となりますし、uncommonの最初の音はアクセントがかかっていないため[ənkɑmən]となります。実際の音は動画でご確認いただけます。

また、あいまい母音にはもう一つ別に他の母音を代用する機能があります。例えばaccidentは最初の音にアクセントがかかり、[æksident]と発音したいところですがアクセントがかからない場所は口をほとんど開けずに弱く発音されるため[æksədənt]と表記されることがあります。

この、あいまい母音化される部分は速く発音されるのですが、残ったスペースの量に応じて元々の母音が持つ音がより多目に発音されたり、より少なめに発音されたりします。しかし実際には多くの場合、そこに母音が存在しないかのように[æksdnt]と発音されます。これはスペースの問題だけでなく特にアメリカ英語が力が抜けたように発音されることにも起因します。


解説は上の「前編」動画で完結しています。後編では発音練習のためにいくつかの単語の音をご紹介しています。単語の一覧は解説PDFファイルに掲載しています。